だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田寛、プロ11年目でついにツアー初勝利!

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7,437 ヤード(パー 71)

最終18番で1.5メートルのバーディパットを決めた岩田寛が、2打差を逆転し、後続に1打差をつけツアー11年目にして嬉しい初優勝を手に入れた。2008年大会には最終18番で1メートルのバーディパットを外しプレーオフで敗れた岩田だが、この日同じ失敗は繰り返さなかった。

2位は通算9アンダーのホ・インヘ(韓国)。岩田、ホと同じ9アンダーで最終18番を迎えたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)はボギーフィニッシュで通算8アンダー3位となった。

7アンダー単独首位で出た池田勇太は11番でトリプルボギーをたたき失速。14番15番と連続バーディを奪ったが、16番パー3でティショットを池に入れ万事休す。通算5アンダーの4位タイに終わった。

前週、最終日にスコアを伸ばせず優勝を逃したキム・ヒョンソン(韓国)は今週も最終日イーブンパーで池田と並び4位タイ。2週連続優勝がかかった藤田寛之は「76」とスコアを5つ落として通算3オーバーの32位となった。

競技は濃霧の為、9時40分から2時間21分の中断を挟んだ。

岩田寛のクラブセッティング

池田勇太のクラブセッティング

キム・ヒョンソンのクラブセッティング

藤本佳則のクラブセッティング

スポンサーサイト

申智愛が今季3勝目!賞金女王争いは混戦へ

◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日◇恵庭カントリー倶楽部(北海道) ◇6,522ヤード(パー72)

2打差リードで出た最終日、申智愛(韓国)が最終日も「70」とスコアを伸ばして通算8アンダーとし、2位に3打差をつける逃げ切り優勝。最終18番で1メートル強のウィニングパットを沈めて右手で小さくガッツポーズをすると、人懐っこい笑顔がこぼれた。

今年から国内ツアーに専念している申が、シーズン3勝目を挙げて賞金女王争いに名乗りを上げた。これで、イ・ボミ、成田美寿々、アン・ソンジュ(韓国)に並ぶ4人目のトリプルクラウン。09年に米ツアーで賞金女王に輝いた実力者が、国内のビッグタイトルも視野に入れた。

通算5アンダーの2位には、藤田幸希とイ・ボミ(韓国)の2人。自身初の最終組からツアー初優勝を目指した西山ゆかりは、「79」とスコアを崩して通算3オーバーの17位タイと下位に沈んだ。また、アマチュアの新垣比菜が7位タイとトップ10入りを果たしている。

申智愛のクラブセッティング

イ・ボミのクラブセッティング

藤田幸希のクラブセッティング

堀奈津佳のクラブセッティング


地元初勝利に涙! 藤田寛之が5ホールに及ぶプレーオフ制し今季2勝目

◇国内男子◇アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇芥屋GC(福岡県)◇7,150 ヤード(パー72)

福岡県で開催されている「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」最終日、7ストローク伸ばす猛追で優勝争いに名乗りを挙げた藤田寛之と、リャン・ウェンチョン(中国)が、通算12アンダーで並びプレーオフに突入。藤田寛之が5ホールに及ぶ激闘を制し、今年4月の「つるやオープンゴルフトーナメント」に続く今季2勝目。地元福岡での初勝利で涙を滲ませた。

プレーオフ1ホール目はピン奥約6メートルのパーパットを渾身のパットでねじ込んだ藤田に対し、リャンは約4メートルのバーディパットを外して分けると、続くホールでリャンはチャンスにつけるも決めきれず。迎えた5ホール目、藤田がパー、リャンが3.5メートルのパーパットを外して勝負を決めた。

首位から出たキム・ヒョンソン(韓国)は最終日をイーブンと伸び悩み、塚田陽亮、武藤俊憲、宮里優作らと並び、通算11アンダーの3位タイでフィニッシュ。通算10アンダーの7位タイには池田勇太、朴相賢(韓国)、アダム・ブランド(オーストラリア)、永野竜太郎の4選手が並んだ。

藤田寛之のクラブセッティング

武藤俊憲のクラブセッティング

宮里優作のクラブセッティング

池田勇太のクラブセッティング


上田桃子が逆転で3年ぶりの優勝! 森田は今季2勝目逃す

◇国内女子◇CAT Ladies 最終日◇大箱根カントリークラブ(神奈川県)/6,701ヤード(パー73)

最終日は最終ホールまで息のつけぬ優勝争いが展開された。3打差の2位から出た上田桃子が5バーディ、1ボギーの「69」で回り、通算9アンダーとして、2011年の「ミズノクラシック」以来となる優勝を遂げた。米国ツアー選手の資格で出場したミズノクラシックを含め、国内ツアー10勝目となった。

2日目まで首位に立ち、今季2勝目を狙った森田理香子は、2バーディ、3ボギーとスコアを落とし、通算8アンダーで2位。3月の「Tポイントレディス」以来の勝利を逃した。

上田は出だしの1番(パー5)をバーディとした後、3、4、7番でもバーディを重ねた。8番でこそボギーをたたいたが、折り返し後、12番(パー3)でバーディを獲り、森田を抜いた。上田と森田は1打差で最終18番に突入、ともにパーとして上田が勝利を決めた。

3位には、先週優勝し賞金ランキング首位に立ったイ・ボミ(韓国)が、6アンダーで入った。4位は通算5アンダーのテレサ・ルー(台湾)、4アンダーの渡邉彩香が5位となった。

上田桃子のクラブセッティング

森田理香子のクラブセッティング

イ・ボミのクラブセッティング

渡邉彩香のクラブセッティング


イ・ボミが今季3勝目 賞金ランキングトップに

◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,555ヤード(パー72)◇

夕方に予想された雨を避けるため、8時40分に最終組がスタートした最終日。この日ノーボギーの「66」とスコアを伸ばした菊地絵理香と、最終組から出たイ・ボミ(韓国)、大山志保が通算13アンダーに並んで3つ巴のプレーオフに突入。その1ホール目に、イがただ1人バーディを奪って、熱戦に終止符を打った。

イは今季3勝目で、今大会の優勝賞金1,260万円を加算して今季の獲得賞金は9,500万円を突破。賞金ランキングでもアン・ソンジュを抜いて1位に躍り出た。

2位タイは大山と菊地。通算11アンダーの4位タイにはアン・ソンジュと山城奈々が続いた。また、ホステスプロの原江里菜は、通算10アンダーの6位タイで3日間の大会を終えている。

イ・ボミのクラブセッティング

菊地絵理香のクラブセッティング

大山志保のクラブセッティング

原江里菜のクラブセッティング


マーティンがメジャーでツアー初制覇!宮里藍は崩れる

◇米国女子◇全英リコー女子オープン 最終日◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇6,548ヤード(パー72)

3日間穏やかな天候だったリンクスコースが、ついに牙をむいた。強風がコースを駆け巡り我慢比べの展開を制したのは、最終18番で劇的なイーグルを奪ったモー・マーティンだった。1オーバーで迎えた最終18番パー5で、フェアウェイからの2打目がグリーン手前から転がると、ピンに直撃。31歳のマーティンは、2メートルのイーグルパットを沈めてツアー初優勝をメジャーの舞台で飾った。

2位は通算イーブンパーフォン・シャンシャン(中国)とスーザン・ペターセン(ノルウェー)の2選手。4アンダー単独首位で出た朴仁妃(韓国)通算1オーバーで3位。また、3日目最終18番での2ペナルティで2位に後退したアン・ソンジュ(韓国)は、スコアを7つ落として通算4オーバーの9位タイとなった。

日本勢で最上位となったのは通算7オーバーの原江里菜。4オーバー33位で出た原はバーディこそ奪えなかったがボギー3つで踏ん張り21位タイとなった。森田理香子が通算8オーバー27位タイ、渡邉彩香が通算9オーバーの29位タイで続いた。

米ツアーを主戦場とする宮里美香は通算10オーバーで38位タイ、野村敏京は通算12オーバー45位タイ。首位と5打差の1オーバー17位から出た宮里藍は11オーバー「83」をたたき、野村と同じく45位タイまで順位を落とした。

さらに、上原彩子が通算14オーバーの54位タイ。昨年、セントアンドリュースで7位に入った佐伯三貴は通算15オーバー58位タイ。上原、佐伯も宮里と同じくこの日11オーバーと苦戦を強いられた。

原江里菜のクラブセッティング

森田理香子のクラブセッティング

宮里藍のクラブセッティング

宮里美香のクラブセッティング


ジョン・ヨンジュがツアー初勝利 横峯さくらは2打及ばず2位

◇国内女子◇日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇八尾CC(富山県)◇6,454ヤード(パー72)

10アンダー2位で出た韓国のジョン・ヨンジュが、序盤からバーディを量産。通算17アンダーまでスコアを伸ばしツアー初優勝を果たした。昨年末のクオリファイで2位通過を果たした22歳の新鋭が、ツアー参戦12試合目で勝利を掴んだ。

2打差の通算15アンダーは横峯さくら。9アンダー3位から出た横峯は、7番から4連続バーディを奪うなどスコアを6つ伸ばしたが、先にスコアを伸ばしたジョンを捕らえきれなかった。

通算12アンダーの3位には「65」で追い上げたツアールーキーの藤田光里。さらに1打差の4位に、木戸愛、葭葉ルミ、堀奈津佳、イ・ボミ(韓国)の4選手が並んだ。この日22歳の誕生日を迎えた堀は、スコアを5つ伸ばしたが、バースデー優勝を果たすことはできなかった。

また、2位に2打差の単独首位で出た若林舞衣子は「76」と崩れ、通算8アンダーの11位タイに終わった。

横峯さくらのクラブセッティング

藤田光里のクラブセッティング

イ・ボミのクラブセッティング

堀奈津佳のクラブセッティング





石川遼が2季ぶり通算11勝目 土壇場バーディで劇的逆転に

◇国内男子◇長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 最終日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7,050ヤード(パー71)

通算6アンダーの3位から首位との2打差を追った石川遼が、6バーディ2ボギーの「67」で通算10アンダーとし、首位から出た小田孔明を捕らえてサドンデスのプレーオフに突入。3ホール目に決勝バーディを奪って小田を下し、今季初優勝を果たした。

最終日最終組で同組の小田を追い上げた石川は、最終18番(パー5)の3打目アプローチを1メートル弱につけ、土壇場のバーディで小田に並びホールアウト。18番の繰り返しで行われたプレーオフ3ホール目、右ラフから刻んだ3打目を手前2メートル弱に絡め、3ホール連続でバーディを並べて決着をつけた。

石川の優勝は、米ツアー本格参戦前の2012年11月「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来、約1年8ヶ月ぶりで、国内ツアーの通算勝利数を「11」に。優勝賞金4,000万円を獲得し、賞金ランキングは小田に次ぐ2位に浮上した。

通算7アンダーの3位に、1打差2位から初優勝を逃した山下和宏と、この日のベストスコア「65」を叩き出したK.T.ゴン(韓国)。前年優勝の薗田峻輔は通算5アンダーの6位。23位から出た松山英樹は4バーディ、1ボギーと3つ伸ばし、米ツアー初優勝からの凱旋試合を通算3アンダーの17位で終えた。

石川遼のクラブセッティング

小田孔明のクラブセッティング

薗田峻輔のクラブセッティング

谷口徹のクラブセッティング


プロ5年目・酒井美紀が難産の末に涙のツアー初優勝

◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 最終日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6,516ヤード(パー72)

首位タイから出たプロ5年目の23歳・酒井美紀が4バーディ、1ボギーの「69」で通算17アンダーとし、最終ホールのイーグルで追いついたアン・ソンジュ(韓国)と並んでホールアウト。プレーオフ2ホール目に、アンがティショットを池に落とし、難なくパーを奪った酒井が、苦労の末に悲願の初優勝を手にし、グリーン上でうれし涙を流した。

前半の8番までに3つスコアを伸ばした酒井は、その後は安定したゴルフでパーを並べて逃げ切りを図ったが、前の組でプレーしたアンが18番でイーグルを奪って同スコアで並んだため、最終ホールでバーディが必要な状況に。3打目でピン左3メートルにつけたが、これを外して決め手を欠き、土壇場でまさかのプレーオフ決着にもつれ込んだ。

酒井は今季も2位が2回、3位が1回と惜敗を続けており、今回も土壇場でよもや冷や汗の展開。プレーオフ2ホール目は3オンでバーディパットこそ外したが、アンが4メートルのパーパットを外し、50センチを慎重に沈めて大願を成就させた。

通算15アンダーの3位に全美貞(韓国)。通算14アンダーの4位にテレサ・ルー、さらに1打差の5位に大山志保が続き、通算12アンダーの6位に穴井詩と下川めぐみが入った。2週連続優勝を目指した申智愛(韓国)は井芹美保子らと並び通算11アンダーの8位だった。

前週に全米女子オープンに出場した選手では、成田美寿々の通算8アンダー、17位タイが最上位。森田理香子は19位タイ、横峯さくらは30位タイ。前年優勝の堀奈津佳は50位タイ、産休明け初戦の茂木宏美は53位タイに終わった。

酒井美紀のクラブセッティング

全美貞のクラブセッティング

大山志保のクラブセッティング

穴井詩のクラブセッティング


申智愛が国内ツアー4年ぶりV! 藤田と葭葉が2位

◇国内女子◇ニチレイレディス 最終日◇袖ヶ浦CC新袖C(千葉県)◇6,584ヤード(パー72)

大会最終日、4打差の首位から出た申智愛(韓国)が通算12アンダーとして今季初優勝。4打差2位には通算8アンダーの葭葉ルミと藤田光里、通算7アンダーの4位にリ・エスド(韓国)が続いた。

首位から出た最終日だったが、一度は後続に並ばれた。それでも、勝負どころの上がり4ホールで3バーディを奪うのが、元世界ランク1位で米ツアー賞金女王にも輝いた申の強さ。追いすがる若手を振り払い、日本ツアー専念を宣言した申が同ツアーで10年の「ミズノクラシック」以来となる4年ぶりの勝利を飾った。

2位に入った葭葉は、この日「68」と伸ばして「ヨコハマタイヤPRGRレディス」の6位を上回る自己ベストフィニッシュを記録。同じく2位の藤田は、2つスコアを伸ばしたものの、ツアー初優勝には届かなかった。

藤田光里のクラブセッティング

不動裕理のクラブセッティング

上田桃子のクラブセッティング

大山志保のクラブセッティング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。