だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ上達ヒントの宝箱 正しいグリッププレッシャーでヘッドスピードUP

ヘッドスピードが上がるグリップ感覚についてお話しましょう。やることは至って簡単で、インパクトの際に右手グリップを離す練習をする、という事です。

ヘッドスピードを上げるためには、上手に脱力することが肝心です。アドレスの時点で既に体をガチガチにしている方いませんか?

アドレスですでに体を硬くしていると、良いリズムでスイングするのが難しくなります。良いリズムで振れないということは、動きに無駄が生じるので、正しいインパクトを迎えることができません。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン 正しいグリッププレッシャーでヘッドスピードUP


ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

スポンサーサイト

中井学のフラれるゴルフ 腕が振られるためのグリップ

腕は一切何もせず、スイング中、腕はただただ受動的に体の回転に振られるだけ。そのようなスイングを目指すと、グリップのあるべき形が見えてきます。一度グリップを決めたら、腕の積極的な動きは一切考えず、後は体の回転に振られるだけ。何もしなくても勝手に腕が動いてくれる…。そんなグリップが理想です。

グリップはクラブとの唯一の接点です。不自然な握り方をすれば、腕はスイング中に体本来の自然な動きに従おうとして、余計な動きをしてしまいます。では、自然なグリップとは一体どのようなものなのでしょうか?

まず自然な左グリップから考えていきましょう。その基準となるのが脱力状態です。真っ直ぐに立って、腕を脱力してみてください。そうすると、左手の甲はやや外側を向くように垂れ下がるはずです。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン 腕が振られるためのグリップ


会員限定プレゼントキャンペーンや各種会員特典を常時無料でご提供 GDO

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報


ゴルフ上達ヒントの宝箱 低いフォローで安定感UP

ヘッドスピードが速く、飛距離には自信があっても、大けがも多い。そんな方は、インパクトからフォローにかけてヘッドを低くキープして、インパクトゾーンを長く保つことが肝心。今回はそのための体の使い方を学びましょう。

リストを利かせて、擦り上げるように打つ。球離れの遅いパーシモンの時代は、そうしたスイングが主流でした。しかし、球離れの早い現代の道具には、相応しくありません。まずは、写真のように、12時と6時の方向に手を広げて、トップの形を作ってみましょう。

テークバックでは、右足の母指球とかかとの2点で体重を受け止め、切り返しもここを飛球線方向に蹴り出すことで、スタートします

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン 低いフォローで安定感UP!


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!


ゴルフ上達ヒントの宝箱 腰で覚えるインパクト

インパクトのタイミングが分からない方、体重移動がうまくできない方、足腰が疲れてくるとショットが乱れてしまう方・・・。そんな方は、この練習法でインパクトの動きやタイミングを、あなたの腰に、その下半身に、覚え込ませてしまいましょう!

壁の凹凸部分や、手すり、ドアノブなどに、右手でつかまります。そして左手は、写真のように上腕部をつかむか、あるいは、右手首をつかむ形で準備完了!

右手で何かにつかまったまま、テークバックをイメージして腰を回していきます。当然、腰が右に動いてしまわないよう、その場で回転するようにしてください。右足の付け根に、ズボンの折り目がピッと入る感じです。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン 腰で覚えるインパクト


ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安


ゴルフレッスン フラれるゴルフ ドライバーで転がそう!

ゴルフスイングを難しいものにしてしまう最大の原因は、「振る」という能動的なイメージに囚われてしまうからです。これを「振られる」という受動的なイメージに変えていくことで、ゴルフスイングは驚くほどシンプルになっていくものです。

自分のイメージする良い弾道とは、どんなイメージでしょうか?多くの方が抱く憧れは、やはり高い弾道ですよね。しかし、こうしたイメージで練習していると、いつしかスイング自体で、ボールを上げようとする動きに陥っていきます。

高い弾道を思い描くあまり、能動的に「上げよう」としてしまうことで、スイングは知らず知らずのうちに、乱れていってしまうのです。ボールを上げようとする動きが、スイングをダメにするといって過言ではありません。まず実際、ボールはどのように上がるものなのか、イメージを転換する必要がありますよ。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン ドライバーで転がそう!


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!


中井学のフラレルゴルフ プロのスイングを真似するな!

「振る」イメージを「振られる」イメージに大転換するレッスンです。今回のテーマは、プロのスイングを真似するな!です。誤解のないように言えば、自分が見た印象のままを真似しようとしないこと!

特に、スイングの連続写真は、ものすごく誤解を招きやすいので要注意。こんな風にフォローだけを切り取って見ると、腕を積極的に振っているように見えてしまいますよね。では、腕を「振る」イメージがあると、スイングはどんな風に乱れてしまうのでしょうか?

腕を「振る」ほど、インパクトでクラブが戻らなくなります。まず、テークバックでは体の回転を伴わず、腕だけでクラブを上げてしまいます。ここで生じたズレが致命的。テークバックで体の回転よりも先行してしまった腕を、インパクトで正しく戻すのは至難の業だからです。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン プロのスイングを真似するな!


会員限定プレゼントキャンペーンや各種会員特典を常時無料でご提供 GDO

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。