だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ上達ヒントの宝箱 腕のねじれはタイミングが鍵!

皆さんは、ボディーターン=腕の動きゼロと考えていませんか?これではスイングのバランスが崩れてしまいます。良いスイングをする為には、必ず腕の動きが必要です。腕の動きは、スイング軌道、フェース向きといったクラブの動きをコントロールします。つまり、弾道に直結する動きなのです。腕の動きでも特に重要となることは、“ねじれのタイミング”です。これが正しく行われなければ、体と腕が調和したスムーズなスイングはできません。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン 腕のねじれはタイミングが鍵!


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安超特価!

24時間いつでも予約できて超お得なゴルフ場予約サイト

世界最大級のゴルフショップで過激にお得なポイント還元!

スポンサーサイト

ゴルフ上達ヒントの宝箱 クラシックな教えも、やりすぎると悪くなる

おそらく、逆効果になりやすいアドバイスのもっとも一般的な例が、「頭を動かすな」というものでしょう。クラブを引っ張りあげてトップするゴルファーに対して一般的に言われる言葉です。

問題は、それを考えるあまりテイクバックとフォロースルーに緊張が生まれ、特にインパクト時に悪影響を及ぼすこと。頭を一箇所に固定してしまうと体がターゲットに向かって回転せず、フォロースルー時の腕のスペースが狭くなってしまいます。すると、多くのゴルファーはリードする左腕が弱々しく折れ曲がってしまいやすいのです。

それよりも、あごと胸骨と腰を同時にリリースして、両腕が伸びるようにしたほうがよい。バックスイング時に頭を固定してもいいが、トップ・オブ・スイングになったらそれは忘れましょう。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン クラシックな教えも、やりすぎると悪くなる


ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!






ゴルフ上達ヒントの宝箱 ワイドスタンスで体重移動アプローチ

アプローチのセオリーは「下半身を固定して腕を使う」イメージが強いですが、アプローチこそ体重移動が必要です。むしろ、そうする事で距離感も磨くことができる、という方法を伝授します。

セオリーと思われる「下半身を止めて、手の動きが強い」アプローチの形です。間違いではないですが、複雑な動きになるので練習量が必要になります。ここではこの方法はひとまず置いておきましょう。

いつもよりも広くスタンスを取ってください。
スタンス幅は、肩幅よりも左右一足分ずつ広くスタンスを取ります。
体の正面でグリップし、肘にはゆとりを持たせて構えます。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン ワイドスタンスで体重移動アプローチ


ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!


ゴルフ上達ヒントの宝箱 ミート率を上げる

ミート率を上げることで効果的に飛距離をアップする方法です。実はヘッドスピードを上げるよりも、ミート率を上げたほうが初速がアップして・・・つまり飛距離が伸びやすいのです。結構これは盲点で、とにかく速く振って飛距離を稼ごうとしている方が9割以上!皆さん、ミート率を上げたほうが飛距離は伸びますよ!

まずはグリップを短く握ってイメージトレーニングです。1インチ(約2.5cm)くらい余すくらいで良いです。そして剣道のように直立してクラブを正面に構えてください。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ スイングレッスン ミート率を上げる


会員限定プレゼントキャンペーンや各種会員特典を常時無料でご提供 GDO

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報


植村啓太のフィーリングゴルフ 朝イチの練習場での考え方

今回は朝イチのスタート前練習の考え方がテーマです。朝イチ練習の大きな意味は、その日の自分の球筋を確認することです。もちろん体をほぐすことも重要な部分ですが、練習量の少ないアマチュアにとっては、その日にどのような球が出るのかを知り、その球筋でコースを攻略するべきなのです。スライスが出たからスライスを直そうとするのではなく、曲がり幅を小さくする工夫をするのです。では具体的に説明していきましょう。

朝の練習場ではスイング中の動きを変えることはおすすめできません。ミスが出たら、そのミスの度合いが小さくなるようにアドレスに手を加えましょう。例えば練習場でボールを打ったら全くボールに当たらないという人は、まずはクラブを短く持ってみましょう。短く持つだけでスイングはコンパクトになります。また、余計な動きが入りにくいのでミート率は上がるはずです。

次にトップやダフリが止まらないという人は、ボール位置を少し変えてみてください。例えば少し右足寄りに置いてみて、早くボールにコンタクトさせることで、トップのミスを防ぐことができます。ただ、注意して欲しいのは一気に右足寄りに置かないことです。移動させるのはボール半個か1個ずつ。微調整しながら、その日に最もボールによく当たる位置を探し出すのです。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフレッスン 朝イチの練習場での考え方


会員限定プレゼントキャンペーンや各種会員特典を常時無料でご提供 GDO

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報


植村啓太のフィーリングゴルフ 素振りのコツ!

今回は素振りについて説明します。素振りの回数は人それぞれ違いがあります。プロの中でも、やり方は様々で素振りをせずにスイングに入るプロもいるほどです。ただ、アマチュアの方には精度を上げる意味で是非行ってもらいたいですね。「素振りはきれいなのにね」と言われた経験は誰にでもあると思います。なぜ素振りのように振れないのか。理由はボールを目の前にすると、クラブを振ることよりもボールを打ちにいってしまうからです。素振りのようにスイングするためのポイントをタイプ別に説明していきましょう。

コースに出るとどうしても球に当てようとしてスイングが小さくなってしまう人には、片手で素振りすることをおすすめします。片手で行うことで、クラブの遠心力が大きくなって、自然にトップが深くなり、またフォローも大きくなります。左右の手でそれぞれ行って、最後に両手を合わせて、大きく振ることを心がけて素振りを行ってみてください。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフレッスン 素振りのコツ!


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!


ゴルフレッスン スイング軸は意識しない

スイングにおいて、大切なポイントは何か?こういう質問に対して、日本の方は「スイングの軸をキープする」という答えが多くかえってくると思います。しかし、米国では、驚くことに、軸という概念を使ったレッスンがないんです。

確かに、スイングにはその中心となる軸があるはずですが、多くの方は軸を保とうとすると、スイングがどんどん乱れていってしまいます。それは、このように体の中心を貫くような軸を保つように意識してしまうからです。そうすると、どんなスイングになってしまうのでしょうか?

スイング軸を保つように意識すると、頭のてっぺんから、体を貫くような軸を想像し、それを保とうとする体の動きになってしまいます。

具体的には、テークバックで右膝が伸びて、体重が右足に乗らず、むしろ左足側に残り、ダウンスイングでは、逆に左膝が伸びて、腰が引けて、体重は右足に…。ひどくなると、完全に体重移動が逆になってしまいます。

体の中心を貫くような軸を保とうとすると、膝だけでスイングをしようとしてしまうのです。そこで一度、軸のことは忘れて、まず体の正しい回転についてご説明しましょう。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフレッスン スイング軸は意識しない


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!


ゴルフスイング上達ヒントの宝箱 テークバック体感

全てのスイングの基本であるテークバックを体感するドリルです。ショートアイアンで実践します。下半身が動くと全体のスイングが崩れます。感覚的には、上半身と下半身が逆の動きで、極端に言うとテークバックの時に下半身はフォロースルーの動き、という感じです。小さな動きから始めると正しいテークバック、インパクトでのフェースの動き、などを感じる事ができるので初級者の人はもちろん、上級者の方もスイングに違和感を感じる時などはチェックに使えるドリルです。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフスイングレッスン テークバックを体感するドリル


世界最大級のゴルフショップで過激に最大20%ポイント還元!

テーラーメイドバーナーやナイキサスクワッチなど人気ゴルフ用品が格安


ゴルフ上達ヒントの宝箱 風に負けない突き刺す球

向かい風に負けずに飛距離を稼ぐ、突き刺すような球の打ち方です。まずは半インチ程度、グリップを余して短く持ってください。
アドレスの際の注意点が2つあります。1点目は、スタンスを狭くすることです。
そして2点目は、ハンドファーストに構えること。ショートアイアンを打つ時のような感じで、クラブヘッドよりも手元側が飛球線方向に倒れている状態のことです。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフレッスン 風に負けない突き刺す球


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!


ゴルフレッスン フラれるゴルフ フラれるためのグリップ・プレッシャー

今回のテーマはグリップ・プレッシャーです。
腕が自然に振られるために、グリップ・プレッシャーはグリップの形以上に、細心の注意を払うべきところなのです。グリップの力みは、腕を能動的に振ってしまうことにつながりますが、緩み過ぎも禁物です。

グリップが力むと、腕全体が力んでしまう。こうした理解が広がってきたので、グリップをゆるゆるに握るように意識している方が多くなってきました。しかし、実は緩め過ぎも禁物です。グリップがあまりに緩いと、スイングの最中に握り直したり、途中で必要以上の力を加えてしまったりという結果につながります。

緩め過ぎたグリップでは、テークバックやトップで、結局はグッと握り直してしまい、写真のように、フェースが被りながらカット打ちになってしまうケースがとても多いんですね。これでは、何のために緩めたのか分かりません。理想は、スイングの最中に、グリップのプレッシャーをできるだけ一定に保つことなんです!

続きはこちら↓↓↓
ゴルフレッスン フラれるためのグリップ・プレッシャー


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。