だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ上達ヒントの宝箱 高い球でキャリーを稼いで飛ばす

風がフォローの時や、高い木の上を狙いたい時に、高弾道で飛距離を稼ぐドライバーの打ち方です。まずは、いつもよりスタンスを広めに取ってください。目安は肩幅よりも左右一足分ずつ広げます。

そして正面から見て、シャフトが飛球線後方側に倒れているヘッドファースト(ハンドレート)の状態にしてください。
こうする事でロフトが増えると同時に、アッパーブロー軌道を自然に作ることができます。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ ドライバー レッスン 高い球でキャリーを稼いで飛ばす


会員限定プレゼントキャンペーンや各種会員特典を常時無料でご提供 GDO

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

スポンサーサイト

ゴルフ上達ヒントの宝箱 長尺ドライバーで飛ばす

長尺ドライバー(45インチ以上)で正しく飛ばす方法です。長さが変われば打ち方も変わります。せっかく飛ぶ要素が高いドライバーを使っているのに飛距離が思うように伸びていない方は是非ご覧ください。
まずはスタンスの幅を狭めにして構えてください。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフレッスン ドライバー 長尺ドライバーで飛ばす


テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

ゴルフダイジェスト・オンラインで人気のゴルフ場を超お得に予約する!

GDOSHOP.comなら自分に最適のゴルフクラブが激安で手に入る!


ゴルフ上達ヒントの宝箱 ドライバーショットの基本!

ドライバーショットとアイアンショットの違いは何でしょうか?それは、ボールのライです。アイアンショットの場合、ボールが地面と接触しているのに対して、ドライバーショットではボールが空中に浮いています。アイアンショットは緩やかな下降軌道(ダウンブロー)で打つことにより、ボールが空中に上がりました。しかし、ドライバーショットの場合は、下降軌道が強くなるとクラブがボールの下を潜り抜けてしまうミスが出ます。これがいわゆるテンプラショットです。この様なミスを防ぐために、ドライバーショットでは地面と水平軌道(レベルブロー)、または上昇軌道(アッパーブロー)でインパクトすることが必要となります。

続きはこちら↓↓↓
ゴルフ ドライバーレッスン ドライバーショットの基本!


ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ用品 激安キャンペーン情報

ゴルフ場営業時間外でも簡単、しかも超お得にゴルフ場予約!

テーラーメイドやナイキ・ツアーステージ・ゼクシオなど人気ゴルフ用品が激安

初心者でも安心!ドライバーの選び方

ゴルフクラブはウッドとアイアンに分けられ、一般にウッド形状のクラブはアイアン形状のクラブよりも飛距離を出しやすく作られています。そして、ウッドの中でもっともボールを遠くに飛ばせるクラブ、それがドライバー(1W)です。初心者が「自分に合った」ドライバーを見つけるポイントは3つあります。

続きはこちら↓↓↓
初心者向けゴルフクラブの選び方 ドライバーの選び方

ドライバー 週間売れ筋ランキングTOP20


フェアウェイを確実に捉えるドライバーテクニック

左右が狭いホールでドライバー平均飛距離を9割に抑えて確実にフェアウェイをキープするドライバーテクニックです。

簡単に言うと、パンチショットの要領です。覚えるには、まずゆっくりと振って感覚を掴む事が大事。実際のスイングでも慣れるまではゆっくり振ることをお薦めします。

続きはこちら↓↓
フェアウェイを確実に捉えるドライバーテクニック

ゴルフ用品掘り出し物多数 特別値下げ実施中!

ゴルフ用品大幅プライスダウン セール開催中!

新製品を大幅値下げ!会員になればさらにお得☆

激安ゴルフ用品情報と格安プレーゴルフ場情報

ドライバーでフェアウェイキープするスライス

悪いイメージばかりが先行するスライスですが、つかまったスライスなら余程のアゲインストで無い限り、安全に球を運べる有効なテクニックです。特に、ここぞ!という場面でフェード狙いなのに左にひっかけてしまう中上級者が使うと効果的です。

ゴルフ スウィング ドライバーでフェアウェイキープするスライス

新製品を大幅値下げ!会員になればさらにお得☆

激安ゴルフ用品情報と格安プレーゴルフ場情報

GDOゴルフ場予約週末直前空枠情報

ドライバー 飛ばしの極意 30~40代の飛ばし術

どのスポーツでも戦術や精神面、経験によるスキルアップがプレーの巧拙に大きく影響しますが、年齢による体力の差を補うまでには至りません。しかし、ゴルフでは体力よりも戦術や精神面、経験がスコアを作る上で大きな要素になります。だからこそゴルフは年齢、体力を問わない(高齢者ともなれば体力等による差はでるが)、無差別級の勝負ができるスポーツなのです。ですから30代、40代のゴルファーはこれからが本当の意味でゴルフを楽しめる時期になるのです。

ただし、年代によりスイングは変化して当然、いや、変化させるべきです。何故なら20代は背筋を軸にした(背中を伸ばす)スイングが可能ですが、30代以降は背筋の衰えにより、背中を軸にしたスイングができなくなります。背筋と一緒に腹筋にも力を加えることで、背筋の衰えによるパワー不足を補えます。

20代は背筋軸、30代以降は背筋軸よりも幹が太い体軸でのスイングとなります。これは背筋を守ることにも繋がるので、年齢を重ねることによる怪我の防止にも役立ちます。

ドライバー 飛ばしの極意 30~40代の飛ばし術

ゴルフダイジェスト・オンライン 最新お買い得情報

ゴルフダイジェスト・オンライン 大幅プライスダウン

芯に当たっちゃうレッスン!インパクトの真実(ドライバー編)

最新のハイスピードカメラ映像で、「インパクトの瞬間には何が起こっているのか」を解説。そしてそのメカニズムとボールコントロールの秘訣を教えます。

江連 忠のゴルフレッスン ミスショット:芯を外したとき

ゴルフ用品掘り出し物多数 特別値下げ実施中!

ゴルフ用品大幅プライスダウン セール開催中!

体重移動を多く使うとインパクトが強まる

体重移動を多く使うメリットは、体軸をあまり動かさないタイプよりも、アタック(インパクトの力)が強まる事です。特に体重の重いタイプが体重移動を多く使うとインパクトの力がより強まります。逆に言えば、重い振り子が大きなパワーを生むには、振り子のスピードが上がらない分、助走距離(体重移動)が必要なわけです。

ただし体重移動を使うと言っても、制限なく体軸を動かしても良いわけではありません。必ずブロック(体重を受け止める)する部位がなくては、ただのスエーとなってしまい、パワーが蓄積されずに、捻り戻しのパワーを使う事ができません

また、体重移動を大きく使うスイングでは、バックスイングで体重を受け止める部位も重要ですが、それ以上に重要なポイントがあります。それは“インパクトでの頭の位置”です。

ドライバー スウィング 飛ばしの極意 お奨体重移動

週間売れ筋ランキング ドライバー

週間売れ筋ランキング アイアン

週間売れ筋ランキング フェアウェイウッド

週間売れ筋ランキング ウェッジ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。