だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮里優作が逆転! “年またぎ国内連勝”でシーズン開幕戦を制す

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重県)◇7,109 ヤード( パー71)

首位に1打差の2位からスタートした宮里優作が8バーディ、2ボギーの「65」で回り、後続に2打差をつける通算14アンダーで逆転勝利。昨季最終戦「日本ゴルフシリーズJTカップ」に続く、年をまたいでの国内2連勝を達成した。

季節外れの寒さに見舞われたコース上で、スタートホールからエンジンを全開させた。1番から5連続バーディで飛び出し、一息で単独首位の座を奪うと、後続に4打差をつけてハーフターン。勝負のサンデーバックナインも2ボギーを叩きながら1つ伸ばし、危なげなくゴールテープを切る完勝だった。

通算12アンダーの2位に岩田寛、通算11アンダーの3位に小田孔明。通算10アンダーの4位に増田伸洋とアダム・ブランド(オーストラリア)、さらに1打差の6位に高山忠洋が続いた。

単独首位からスタートした丸山大輔は「74」と3ストローク落とし、通算7アンダーの14位に後退。23位から出た大堀裕次郎は「70」と1つ伸ばし、通算4アンダーの19位でプロデビュー戦を終えた。

宮里優作のクラブセッティング

岩田寛のクラブセッティング

小田孔明のクラブセッティング

増田伸洋のクラブセッティング

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humility.blog24.fc2.com/tb.php/899-d661161f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。