だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の21歳ヤオがツアー初優勝 比嘉真美子が7連続バーディを記録

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6,367ヤード(パー72)

5アンダー首位タイで出たフェービー・ヤオ(台湾)が、4ストローク伸ばして通算9アンダーでツアー初優勝を果たした。2012年から日本ツアーに参戦して3年目、21歳の新鋭が2位に5打差をつける圧勝をみせた。

通算4アンダーの2位は成田美寿々、比嘉真美子の2選手。イーブンパーの24位で出た比嘉は3番から9番まで7連続バーディを奪取する猛チャージ。2011年「スタンレーレディス」で諸見里しのぶが記録した「8連続」に次ぐ記録で、9番を終えて時点では単独首位に浮上した。しかし、後半は17番でダブルボギーをたたくなど伸び悩んだ。

首位と1打差の4位で出た園田は、16番までヤオに1打差で食らいついていたが、難関17番(パー3)のダブルボギーで優勝争いから脱落。通算3アンダーで酒井美紀と並び4位となった。

首位タイで最終日を迎えた大山志保は、前半からボギーを2つたたき早々に後退。通算1アンダーで7位タイ。首位と1打差で逆転優勝を狙った藤田光里もスコアを崩し通算1オーバーの18位タイで3日間の戦いを終えた。

成田美寿々のクラブセッティング

酒井美紀のクラブセッティング

井芹美保子のクラブセッティング

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humility.blog24.fc2.com/tb.php/901-9253a3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。