だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45歳の手嶋多一が7年ぶりの優勝!13年ぶりのメジャー2勝目

◇国内男子メジャー◇日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇ゴールデンバレーGC(兵庫県)◇7,233 ヤード(パー72)

1打差の単独首位から出た手嶋多一が、4バーディ3ボギーの「71」で通算9アンダーとし、7年ぶりのツアー通算7勝目を挙げた。今大会は初制覇で、2001年「日本オープン」に次ぐ13年ぶりの国内メジャー2勝目となった。

最終組でスタートした手嶋は、1番、2番の連続バーディで、追い上げを狙う後続に対して先手を取る会心の滑り出し。ただ、首位のまま折り返した後半の10番で1.5メートルから3パットでボギーを叩き、同ホールでバーディを奪った同組の小田孔明にかわされ、一時は2打差を追う立場となった。

焦りも生まれるサンデーバックナインは、前日2位タイのイ・キョンフン(李京勲=韓国)も加わった激しい優勝争いに。手嶋は「守るところは守る」と3日間貫いてきたメジャー攻略の鉄則を死守。45歳のベテランは14番のバーディで同ホールをボギーとした小田に並ぶと、そこから小田が3連続ボギーで崩れ、久しぶりの栄冠を手にした。

2位は通算8アンダーで小田とイ。通算5アンダーの4位にジャン・ドンキュ(張棟圭=韓国)、さらに1打差の5位タイに宮里優作とキム・ヒョンテ(金亨泰=韓国)。通算3アンダーの7位に谷口徹、宮本勝昌が入った。

手嶋多一のクラブセッティング

小田孔明のクラブセッティング

宮里優作のクラブセッティング

谷口徹のクラブセッティング

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humility.blog24.fc2.com/tb.php/914-4564694f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。