だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹谷佳孝がメジャーの舞台でツアー初優勝 イ・サンヒは罰打に泣く

◇国内男子メジャー第2戦◇日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース◇7,402ヤード(パー72)

ともにツアー初優勝を目指した34歳の竹谷佳孝と22歳のイ・サンヒ(韓国)の戦いは、最終18番を終えて通算17アンダーに並んだ。プレーオフ決着かと思われたが、イがアテスト前に11番グリーン上での違反行為を認め、2打のペナルティとなったため、思わぬ形で竹谷のツアー初優勝が決まった。

イは結局、通算15アンダーで2位。通算12アンダーの3位タイに谷原秀人とジャン・ドンキュ(韓国)が続いた。

最終日、通算13アンダーからスタートした竹谷は9番から5連続バーディを奪うなど一時は4打のリードを築いたが、17番、18番の連続ボギーで失速し、頬をこわばらせ冷や汗をかきながらのホールアウトとなった。

一方のイは8バーディ1ボギーで一気に竹谷を捕らえたかに見えた。だが、11番でパーパットを外し、ボールをマークした際、グリーン上のごみを払う一連の動作の中に、ボギーパットのラインを押さえる仕草が3度あり、テレビ映像を使った事実確認の末、自らペナルティを認めることとなった。

谷原秀人のクラブセッティング

丸山大輔のクラブセッティング

岩田寛のクラブセッティング

平塚哲二のクラブセッティング

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humility.blog24.fc2.com/tb.php/916-da5ef697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。