だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元初勝利に涙! 藤田寛之が5ホールに及ぶプレーオフ制し今季2勝目

◇国内男子◇アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇芥屋GC(福岡県)◇7,150 ヤード(パー72)

福岡県で開催されている「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」最終日、7ストローク伸ばす猛追で優勝争いに名乗りを挙げた藤田寛之と、リャン・ウェンチョン(中国)が、通算12アンダーで並びプレーオフに突入。藤田寛之が5ホールに及ぶ激闘を制し、今年4月の「つるやオープンゴルフトーナメント」に続く今季2勝目。地元福岡での初勝利で涙を滲ませた。

プレーオフ1ホール目はピン奥約6メートルのパーパットを渾身のパットでねじ込んだ藤田に対し、リャンは約4メートルのバーディパットを外して分けると、続くホールでリャンはチャンスにつけるも決めきれず。迎えた5ホール目、藤田がパー、リャンが3.5メートルのパーパットを外して勝負を決めた。

首位から出たキム・ヒョンソン(韓国)は最終日をイーブンと伸び悩み、塚田陽亮、武藤俊憲、宮里優作らと並び、通算11アンダーの3位タイでフィニッシュ。通算10アンダーの7位タイには池田勇太、朴相賢(韓国)、アダム・ブランド(オーストラリア)、永野竜太郎の4選手が並んだ。

藤田寛之のクラブセッティング

武藤俊憲のクラブセッティング

宮里優作のクラブセッティング

池田勇太のクラブセッティング

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humility.blog24.fc2.com/tb.php/929-86b6263e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。