だれでも絶対うまくなる。プロが教えるスコアアップのノウハウがぎっしりのオンラインゴルフレッスン 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田寛、プロ11年目でついにツアー初勝利!

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7,437 ヤード(パー 71)

最終18番で1.5メートルのバーディパットを決めた岩田寛が、2打差を逆転し、後続に1打差をつけツアー11年目にして嬉しい初優勝を手に入れた。2008年大会には最終18番で1メートルのバーディパットを外しプレーオフで敗れた岩田だが、この日同じ失敗は繰り返さなかった。

2位は通算9アンダーのホ・インヘ(韓国)。岩田、ホと同じ9アンダーで最終18番を迎えたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)はボギーフィニッシュで通算8アンダー3位となった。

7アンダー単独首位で出た池田勇太は11番でトリプルボギーをたたき失速。14番15番と連続バーディを奪ったが、16番パー3でティショットを池に入れ万事休す。通算5アンダーの4位タイに終わった。

前週、最終日にスコアを伸ばせず優勝を逃したキム・ヒョンソン(韓国)は今週も最終日イーブンパーで池田と並び4位タイ。2週連続優勝がかかった藤田寛之は「76」とスコアを5つ落として通算3オーバーの32位となった。

競技は濃霧の為、9時40分から2時間21分の中断を挟んだ。

岩田寛のクラブセッティング

池田勇太のクラブセッティング

キム・ヒョンソンのクラブセッティング

藤本佳則のクラブセッティング

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humility.blog24.fc2.com/tb.php/932-cf0d65f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。